THEO(テオ)27カ月の運用実績を公開。ロボアドバイザー投資のメリット・デメリットと仕組みを紹介します!

テオとはお小遣い稼ぎ

ロボアドバイザーTHEO(テオ) を27カ月間運用してみて、どれほどの実績がでたのかを包み隠さず紹介します。

投資初心者の方は、ロボアドバイザーって本当に利益がでるの?安全なの?と興味があってもなかなか第一歩を踏み出す勇気が持てないかと思います。

でも、THEO(テオ)こそ、投資初心者が安心して使える投資方法だと感じました

運用実績と合わせて、THEO(テオ)の利用方法、メリット・デメリットを分かりやすく紹介します。

THEO(テオ)の運用実績

テオ運営実績全期間

運用結果
  • 資産総額:222,659円
  • 評価損益:+2,659円(+1.21%)
2020年3月3日現在、THEO(テオ)には22万円を投資しています。
上記のグラフの濃い青い部分が、利益が出ている部分です。

2017年11月に3万円で投資を始めて、積み立てで少しずつ投資金額を増やしていき、現時点で1.21%のプラス益となっています。

20万円ほどなので少額投資だと損益の上下が激しい点と、投資し始めの時期はどうしてもマイナスになりがちです。

また、昨今のコロナの影響で市場もだいぶ揺れ動いているので、その影響でここ半年以上10%の利益があったものが、この数日で一気にマイナスとなり、またプラスに戻りました。

27カ月の全期間の実績だと増減が分かりにくいので、ここ1年のグラフも下に紹介しますね。

テオ運営実績1年

2/21のプラス益10.71%を頂点に短期的に見るとプラスからどんどんマイナスになっており、増減が激しいし大丈夫なの?と思うかもしれませんが、テオは長期的な運用を前提としているので、短期的なマイナスは気にせずに運用していきたいと思います。

かの有名な投資家ウォーレン・バフェットも言っていますが、株は売らずに長く持つことが勝つポイントです。

人間は負けていると、どうしても売りたくなります。でも売らずに我慢ができるのが、ロボットが投資しているからこそです。自分の心理状況に振り回されずに、色んなアルゴリズムや統計を元にベストな判断をして売らずに投資をしてくれます

これがやっぱりロボアドバイザーのすごいところだと思います。人間、負けていると絶対に不安に思って売りたくなっちゃいますからね。

テオの公式サイトでもあるように、+5%くらいの年利での運用を期待しています

THEO(テオ)とは?

テオの詳細

運営事業者は安全?

事業者情報
  • 運用方針:長期・分散・積立・全自動での資産運用アルゴリズムによる世界経済への投資
  • 運用中の投資者:約85,000名
  • 預かり資産:約600億円
    ※2020年1月末時点のTHEOの実績
THEO(テオ)がサービスを開始してから丸4年が経ちました。利用者も増えてきていて、以前よりも手数料の割引が可能になったりとどんどん新しく使いやすいサービスに進化してきています
また、今ちょうどコロナウイルスが世界中に広がっていて、株式にも影響が出てきている情勢ですが、そういった大きく社会的インパクトのある出来事が起こった際には、必ずニュースレターでTHEO(テオ)の公式見解を示してくれます。
普段から2日に1回ほどは公式ニュースレターが発信されていて、最新の株式市場についてやTHEO(テオ)の新しい機能についてなど、詳しく紹介をしてくれるのですが、そういった投資者が不安に思っているだろうことにすぐに見解を示してくれるところはとても信頼ができますし、安心して資産を預けられる会社だと感じています。

THEO(テオ)の仕組み

THEO(テオ)は、口座にお金を入れさえすれば、あとはロボットアドバイザーが資産運用アルゴリズムに基づいて全自動で運用をしてくれます。

全自動で投資をしてくれるとはいえ、どうやって運用しているの?と思いますよね。ここでは、THEO(テオ)の仕組みを簡単に解説しようと思います。

国際分散投資で運用しています!

国際投資

日本は不景気の時代が続いていますが、世界全体で見ると世界経済は大幅な成長を続けています。

日本の銀行にお金を預けていても、超低金利時代の今は、お金が増えることはないですよね。ただの安全な金庫代わりです。

私たちがただ銀行に預けようとしていたお金を、THEO(テオ)は色々な国の様々な金融商品にバランス良く分散投資をして限りなくリスクを減らし、私たちの代わりに投資をしてくれます

自分に合った投資先ってどう決めているの?

テオポートフォリオ

THEO(テオ)は、その人の年齢や資産状況等に合わせた最適なポートフォリオを自動で作成してくれます。

ポートフォリオというのは、「米国株に20%」、「債権に33%」といったように運用する商品の組み合わせのことです。

口座開設の際に5つの質問に答えて、その結果からあなたに最適なポートフォリオをTHEO(テオ)が自動で作成し、運用をしてくれます

資産が増えたり状況が変わった際には、再度質問に答えなおして、ポートフォリオを修正していくこともできますよ。

THEO(テオ)のメリット・デメリット

メリット
  • アプリで簡単ほったらかし投資ができるので、時間を取られない
  • 投資スキルがいらないので、投資初心者も勉強ゼロでOK
  • 最低1万円から投資が可能
  • 87.7%の人が、年率5%を達成した実績がある
積立も一度設定をすれば毎月自動でしてくれて、入金の際は翌日には入金額が反映されます。全てアプリで簡単に操作できるので、自分で売買する必要がなくほったらかすだけ。
投資未経験者でも簡単に投資経験ができちゃいます。
ロボアドバイザーはTHEO(テオ)以外にもウェルスナビなど、THEO(テオ)よりも以前から運用をしている会社はいくつかありますが、最低投資額は10万円からと敷居が高いのが現状です。
THEO(テオ)ならば1万から始めることができるので、投資も初めてだし、ロボアドバイザーも気になるけどちょっと不安という方は、まずはTHEO(テオ)で1万円の少額から試しに始めてみてはいかがでしょうか?
デメリット
  • 手数料が1%と高め
  • 損失の可能性がある

どの投資方法も、100%勝ち続けることはほぼ不可能です。勝つ時期もあれば、負ける時期もあります。

THEO(テオ)は長期的な目線で運用をすることが大前提ですので、運用期間が短いにも関わらず、損を気にしてしまう方には向いていません。

また、投資の世界では手数料1%というのは割高です。自分で投資先を選ぶ投資信託ですと、手数料が0.2%以下も存在します。

ですが、銘柄を選んだり、状況によって売り買いをするのは、投資の初心者は勉強や慣れが必要なので、それを全てロボットアドバイザーが代わりに行ってくれるので、この手数料は妥当かなと思います

また、手数料は最も高くて1%ですが、運用金額等によって手数料が割引される制度も導入がされました!カラー別のステージで、最高0.65%まで手数料を下げることが可能です

テオ手数料

ただ、50万円以上運用をしないと次のステージに上がれないので、なかなか手数料を下げるハードルは高くはありますが。。

でも、少額でもコツコツと何年も積み立てをしていけば、50万、100万も割とすぐに到達ができると思います。私も最初は3万円で初めて、今は20万円まで積み立てていますので。

THEO(テオ)の口座開設方法

テオ口座開設方法

登録に際して準備するものは、メールアドレスとマイナンバーのみです。

口座開設の手順
  1. WEB上で5つの無料診断に回答
  2. 氏名・メールアドレス等個人情報、マイナンバーを登録
  3. 3~4営業日で自宅に書類が郵送される

登録は全てWEB上で3分ほどで完了してしまいます。自宅に簡易書留が届いたら、すぐに入金が可能となりますよ。

まとめ

長期投資は始めるのが早ければ早いほど、複利の力で資産が雪だるま式に増えていきます。

将来が不安なので今から資産を構築していきたいという方は、1万円から投資が可能なので、まず投資の手始めとしてTHEO(テオ)は最高の選択肢だと思います。

タイトルとURLをコピーしました